「Beauty is skin deep」

ラムダプリント コラーゲン ゼラチン 2009

 

コラーゲンは体内の様々な組織を構成するたんぱく質のひとつで、加齢と共に減少してしまう成分である。
ありとあらゆる所で補給の必要性が説かれ、肌への視線は自然とそれを選ばせるが 
実際の所、コラーゲンは塗っても飲んでも都合良く成分が皮膚だけに集中し、効果を発揮するとは限らないのだ。
確証が不十分にも関わらず それを疑問に感じる事なく、また疑問に感じてもなお摂取し続ける。
今ある若さ、美しさをこれ以上目減りさせる訳にはいかないのだ。
例えそれが脆弱でいびつな、花一輪程度のものであっても。


Collagen is one of the proteins, that composes various organizations inside of our body and decreases with aging.
In all places, we are explained the necessity for supplementing collagen.
People's eyes to our skin make us choose to ingest collagen,
but in truth, even if we apply or drink it
its ingredient can not concentrate only on our skins and 
bring the effect of repairing our skins successfully.
In spite of doubting the uncertain effect, we keep ingesting it.
We can't allow our youth and beauty to be lost any more,
even if we are nothing but a weak and distorted flower.